敏感肌の人はチークを使わない方がいいって、本当からなのでしょうか? 一般的なメイクUP用品にも敏感肌用のものは数多く存在していますが、チークならね敏感肌の人は使わない方がいいと言われています。 チークは顔に陰影を付けることで顔を小さくシャープに見せたり、頬にやわらかな深みを入れることで若々しさを演出するためのメイクUP用品ですから、その色は基本的に赤系になります。 ピンク系・オレンジ系・茶系とあるのですが、いずれにしても赤系統の色ですよね。 ところが、その色を出すために、タール系(石油系)の色素(添加物)を使用して、発色を良くしているのです。 一般的に敏感肌の人達は、石油系の添加物に反応して症状が出てしまう人がほとんどですから、石油系の色素が含まれているチークは使わない方がよいとされていますね。 ただ、最近では、敏感肌用のチークも売られており、その発色成分は天然由来の植物色素などを使用して作られているため、敏感肌の方でも比較的安心して使用できるでしょう。 発色は石油系の色素には及びませんが、全くチークが使えないよりはメイクの幅が広がりますよねー